アブレージョンでニキビ跡治療/東京 六本木 美容整形外科

サフォクリニック

ホームオページより
http://www.sapho-clinic.com/

アブレージョン(サンドペーパー法)とは、以前より刺青をとったり、皮下に混入してしまった異物を取ったりするために、形成外科の分野で行われていた医療用グラインダー(研磨機)による機械的な削皮術です。治療時間はわずか30分〜60分です。
サフォの「オリジナルアブレージョン」とは? 形成外科で使用したアブレージョン方法を、ニキビあとなどの皮膚の凹凸に美容外科的に応用したのが「サフォクリニック・ニキビあと改善オリジナルプログラム」です。このプログラムは個人差にもよりますが、基本的に1回の施術でニキビあとをキレイにします。

ニキビあとなどに対して美容外科的に行う場合、非常に微妙な削り加減を要求されます。すなわち、削り方が浅ければ効果があまり出ません。その逆に削りすぎると色素沈着を残してしまいます。したがってこの操作には非常にデリケートな感覚と豊富な経験が必要です。サフォクリニックの技術は豊富な経験によりこの微妙な調整が可能で、削った後に併用する特殊な溶液によって、術後は大変なめらかな仕上がりになります。

(PR)サフォクリニック
http://www.sapho-clinic.com/
住所:
〒106-0032
東京都港区六本木5-17-16 1F/B1
地下鉄日比谷線・大江戸線
六本木駅 徒歩5分

電話番号:
0120-786-734

診療時間:
11:00〜20:00(完全予約制)

休診日:
日曜日
口コミ・評判・体験談はこちらへ
posted by アブレージョン 美容整形外科 アブレーション | 口コミ 評判 体験談(0) | アブレージョン 治療/東京 美容整形外科
この記事へのコメント
口コミ、評判、体験談を書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

口コミ 評判 体験談:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。